かんてんぱぱグループ米澤酒造株式会社

電話番号 : 0265-88-3012
定 休 日  : 日、月、祝日
営業時間 : 9時~17時
   

 

  ナビ地酒今錦 ナビ製品案内 ナビ蔵見学 ナビ中川村 ナビ会社概要 ナビアクセス  

 

 

酒づくり
トップページ»  酒づくり

 

 

酒づくりメインイメージ

 

 

 

  「酒は人格の水である」を掲げ、造る人、売る人、飲む人が酒を友とし、なごやかに楽しんでいただけるよう品質第一、手づくりの地酒としての使命を常に心がけています。私たち蔵人はその一杯の酒が、喉元を過ぎるそのときまでともに在りたいと考えています。  

 

 

 

 

 

製造工程

 

 

 

   精米    蒸米    麹室  
 
1.洗米・浸漬・水切り

洗米のあと水に浸します。この浸し具合が重要となります。その日の気温、水温、米の温度によって浸漬時間が決まります。
 

 
2.蒸米

お酒造りに使うお米は酒母用米、麹用米、掛け米となります。麹用米は麹室へ運ばれ均一に広げられます。
 
 

 
3.麹作り

麹菌発育のため30度以上の温度で管理され、数多くの工程を終え一晩過ごした後、麹米が出来上がります。

 

 

 

   もろみ    搾り    瓶詰め  
 
4.仕込み(酒母・もろみ・発酵)

作られた麹米と蒸米、水、酵母を混ぜて作られた酒母に、仕込み水、掛け麹、蒸し米を三段仕込で仕込みます。
 

 
5.酒槽による搾り

出来上がったもろみから酒を搾るのに酒槽を使用しています。最後のひと搾りまで48時間かかる手間と根気のいる作業です。
 

 
6.瓶詰め・火入れ

完成した清酒を瓶に詰め、火入れして出荷します。